行政保健師の待遇

行政保健師とは?

行政保健師の待遇

保健師の中でも<行政保健師>という仕事があります。 市区町村や都道府県が管轄している部署で勤務する保健師のことです。 行政保健師は学校保健師・産業保健師など数多くある保健師の職場の中でも一番待遇が良いと言われいます。

ここでは、行政保健師の待遇について解説いたします。 どうして行政保健師の待遇が一番良いのでしょうか? それは、行政保健師が勤務する施設が民間ではなく公務員扱いになるからです。 民間に勤務する場合と公務員として勤務する場合の待遇は相当な開きがあります。

また行政保健師として仕事をする場合には1人しか採用していない場合もありますが、最近では大部分の勤務先では複数勤務になっています。 ニーズも多くなってきていますから、保健師を目指す人の大部分は行政保健師を希望します。

公務員であるとは言え行政保健師の仕事は決して楽ができる仕事ではありません。 随所に厳しいシーンに遭遇する面もあることは覚悟して欲しいです。 市区町村や都道府県によっても待遇は違うし求人募集の多さも異なります。

行政保健師の求人募集の数は市区町村や都道府県によって結構な格差があります。 待遇面で見た場合に都市圏にあるところで勤務する方が良いとは一概に言えません。 知事や市長によって決められていることが多いです。

良い知事や良い市長がいるエリアでは待遇は良いかもしれません。 しかしながら信用できない人物が知事や市長を務めている場合もあります。 そういったところでの勤務になると待遇が悪いケースもあるでしょう。

行政保健師が他の勤務先で仕事をする保健師と比較して良い部分を整理しておきましょう。 公務員として働けることや待遇の良さだけではありません。 残業もほとんどありません。 夜勤もほとんどないでしょう。

でも、それだけならば学校保健師も同じです。 学校保健師の場合は常にひとりでの勤務になります。 ですが行政保健師ならば複数で勤務できます。 勤務時間も他の部署の公務員と変わらない点もメリットです。

そして行政保健師は正職員として仕事をするのも特徴です。 看護師のようにアルバイトやパート勤務の募集はないです。

以上、行政保健師の待遇について解説いたしました。

↑ PAGE TOP