保健師が大学の保健室で勤務する場合

大学の保健室で働く保健師

保健師が大学の保健室で勤務する場合

「小学校」「中学校」「高等学校」で保健室の先生として保健師が勤務する場合があります。 その場合は、看護師資格や保健師資格以外に養護教諭の資格が必要です。

それに対して大学の保健室の場合は、保健師資格や看護師資格だけでも勤務できます。 こういったことから養護教諭の資格がなくてもよい大学で仕事をする保健師の求人は、とても人気ですぐに埋まってしまいます。

ここでは、保健師が大学の保健室で勤務する場合について説明しましょう。 仕事内容や勤務形態は「小学校」「中学校」「高等学校」の保健師の仕事とそれほどかわりません。

違いと言いますと、<大学の方が保健師の求人の数が少ないということ>でしょう。 「探すのが結構たいへんだ!」と思い込んでいる人もいます。

大学のみならず「小学校」「中学校」「高等学校」の場合でも求人を探すのは手間がかかります。 どちらが楽であるかということはないです。

大学の場合は4年制大学のみならず短期大学でも大学扱いになります。 4年制大学や短大に職場を限定してしまうと絶対数が少なくなるので難しくなります。 しかしながら、限定せず専門の求人サイトなどを利用すれば簡単に見つかることもあります。

大学の中には医学部がある大学もあります。 保健師は医学部の学生よりも豊富な知識や高度な技術を持っていないと恥をかくでしょう。 大学の保健室で勤務しているとは言え、他の教師や学生と全く関わらないことはありません。

ケースによっては学生から保健師のついての質問があることも想定されます。 そういった場合でも落ち着いて先輩の保健師として丁寧に回答したいです。 あなたは自分のような保健師や看護師を目指してもらうようなお手本にならなければなりません。

一般的に保健師ならば看護師としての経験も充分にあるでしょう。 自信もついてきていると思います。 ベテランになったとしても常に精進するスタンスを忘れないでください。

大学の保健室で仕事をする場合は学生の人数もかなり多くなります。 当然ですが仕事のボリュームも増えて大変になるでしょう。 けれども学生たちは大人といっても良いほどの年齢です。

学生の人数が多いからといっても「小学校」「中学校」「高等学校」よりも極端に大変になることはありません。 そして保健師の仕事はどこに努めようが大変な仕事なのです。

↑ PAGE TOP