保健師求人-学校の保健室で勤務する場合のメリット

学校の保健室で働くメリットとは?

保健師求人-学校の保健室で勤務する場合のメリット

看護師資格も持っていることが前提条件である保健師が働ける職場はとても多いです。 その中には、学校の保健室で仕事をする求人もあります。 学校で仕事をする保健師の求人を見ていると気がつくことがあります。

それは保健師のみならず看護師の募集もしていることです。 保健師の場合は看護師資格もありますから就職には有利になります。 ここでは、学校の保健室で勤務する場合のメリット&デメリットをご紹介したいと思います。

どういった仕事をする場合でもメリットもデメリットもあります。 「メリットしかない仕事は公務員以外にはない」と主張する人もいますが、実際はそうでもありません。 保健師の仕事は重要な仕事で人間の命に関わります。
助産師、夜勤なしの職場とは?

学校の保健室で仕事をする保健師について具体的に見てみましょう。 病院勤務とは違って、大勢の看護師と保健師などの医療スタッフと連携して仕事をすることはありません。 一般的には、ひとりだけで保健室で勤務します。 「自分ひとりだけで保健師の仕事を全部こなさなければならない」――これは大きなデメリットです。

しかし、それは人によって捉え方が違います。 「上司に命令される仕事は嫌だ!」というタイプの人もいます。 「ひとりの方が仕事がしやすい」という気持ちの人も実際にいます。 こういったタイプの場合はデメリットとは言えず、むしろメリットと言えます。

また、学校の保健室で勤務する保健師の仕事はかなりやりがいがあります。 ・自分の力を思い切り試してみたい保健師 ・自分でいろいろと工夫をしたり考えながら仕事をしたい保健師 このような人には向いている職場です。

学校の保健室で勤務する保健師のメリットをまとめてみると次のようなことになります。 ・夜勤勤務がまったくないこと ・残業や早出などもほとんどないこと 近頃ではご自分の健康管理に気配りする人も増えています。 規則正しい生活をしたい人にはベストな職場です。

ひとり勤務と言いますが、保健師がひとりだけなのです。 学校の中には教師や生徒も大勢います。 孤独を感じることはないでしょう。 コミュニケーションをしっかりとればいいので、心配することはないです。

看護師に寄せられる苦情問題

看護師は、毎日たくさんの患者さんと接しています。 ですが、その中で苦情を寄せられてしまい、ストレスに感じている方も多いようです。

もちろん、自分自身に問題があって苦情を言われてしまった場合には受け入れるしかありません。 ですが、なかには理不尽な理由でクレームをつけられることもあるのです。

そのような状態になってしまった際に、どのように受け止められるかというのは個人差がありますよね。 仕方がないことを、あまり気にしなくて良いと考える方もいれば、深く考えすぎてしまい、大きなストレスにつながってしまうこともあるでしょう。

病院にはたくさんの患者さんが訪れたり入院しているわけですが、その中にはクセの強い方もいます。 患者さんを選ぶことはできませんが、ここで重要になってくるのが上司や同僚が自分を守ってくれるかどうかということでしょう。

理不尽な苦情を言われてしまった際に、しっかり守ってくれる上司がいれば大きなストレスを抱えることなく働けますよね。 ですが、中には患者さんの苦情に便乗して看護師いびりをするような方もいるのです。

そのような職場環境では楽しく働くことはできません。 理不尽な苦情に悩まされているのであれば、職場を変えることも検討してみると良いですね。

看護師にとって働きやすい職場かどうかというのは勤務先によって大きく違います。 できるだけ看護師が働きやすいように様々な体制を整えてくれているところもあれば、サポート体制が全く整っていないところもあるのです。

こういった問題は実際に働き始めてみないとわからないところも多いのですが、看護師専門の転職支援サイトを活用すれば事前に情報を集めることもできます。

就職をした後に後悔しないためにも、できるだけ事前に情報を集めて自分にとって魅力的な職場探しをしましょう。

看護専門の転職支援サイトの利用は無料となっています。 自分1人では失敗しがちな転職発音も専任のコンサルタントの力を借りることにより成功しやすくなるので、役立ててみると良いですね。

看護師を病めたくなったら

看護師に限った事ではありませんが、今の仕事に限界を感じている、辞めたい…と考えてしまうこともあるでしょう。 ですが、本当に辞めてしまうのはもったいないことです。

今、こういった問題に悩んでいる方は資格を取得するまでに経験した大変な思いを振り返ってみましょう。 看護師資格を取得するまでにかかる年数や苦労を考えると、今の職場で限界を感じているからといって簡単に看護師という職業を諦められませんよね。

ただ、無理をして働きにくい職場で続けてしまうとうつ病や過労死といった問題につながってしまうことも考えられます。 このようなリスクを少しでも減らすために、転職することについても検討してみてはどうでしょうか。

職場によって働きやすさというのは大きく違ってきます。 中には、転職をしただけで仕事で抱えていた悩みがすべて解決できたという方までいるようです。

特に、人間関係のトラブルや勤務条件、休日などに関する問題は自分1人でどうにかなるものではありません。 それならば、自分にとって働きやすい職場を探し、転職をすることが最良の選択肢だといえるでしょう。

注意しなければならないこととして、職場環境をよりよくするために転職活動をしたものの、実際に転職をして働き始めてみたら前に勤めていた職場の方が条件がよかったという方もいるようです。

このようなトラブルは自分1人で転職活動をした際に発生しやすいです。 病院の内部事情なのは求人情報を見てもなかなか分かりませんよね。

かなり条件が良いので転職をしたものの、人間関係がとても悪くて派閥争いに悩まされてしまったという方もいます。 できるだけ条件が良くて働きやすい職場を探すためには転職支援サイトを役立てるのがおすすめです。

看護師専門の転職支援サイトは無料で利用できるので、自分にとって最適な職場を探す際にもぜひ役立ててみてくださいね。

今の職場が他の求人と比べてどれくらい良いのか、悪いのかということを知る一つの方法でもあります。

↑ PAGE TOP